bichir's blog

Samsung GALAXY Note II (GT-N7100)

by bichir on 10.26, 2012

先週、無錫まで出張に行って来た。
で、そのついでに上海へ行き、在上海な友人たちと食事など。
一緒に行った同僚が不夜城に行ったことがなかったので、連れて行ってみることにした。
その同僚はもしかしたらiPhone5のVerizon版があれば買いたいとか言ってるし。
自分は、GALAXY Note II N7102(DualSIM版はGALAXY Note IIでChinaUnicomの正規版)があれば買おうかな。とか思ってた。

Leave a Comment :   more...

HTC Rezound G29 (かなり山寨)

by bichir on 10.23, 2012

これまで手に入れてきた怪しげな中華携帯は淘宝で購入したもの。ただ自分、中国にこんだけ長く住んでいても未だに自分で淘宝でモノを購入できなかったりするわけで、んじゃどうするかっていうと、同僚(というか部下)の中国人に頼んで買ってもらう。
で、Carpad F6の解像度が余りにも気に入らなかったもんで、佳域 G3というデバイスを買うことにして、毎度のごとく、同僚に頼んで予約しておいてもらった。
ただ、コレが899元と安く、注文数殺到だそうで手に入るのがだいぶ先になるとのことで、まぁそこまで力入れて待つほどの端末ではないよな。ってことで諦めた。
そうこうしてると、自分がそういう怪しげな端末が好きと知ってる同僚が「これどう?」と聞いてきたのが今回買った「HTC Rezound G29」てやつ。確認してみると、時限セールで980元ほど。
1.5GHzでDual CoreでDual SIM?
石は何?って確認してもらうと高通(Qualcomm)8660とか言っている。
そんなのでDual SIMサポートあったかなぁ、なんか怪しい匂いプンプン...。
まぁ、そんな値段しないし、7日間は無条件キャンセル可。とかいうので(先週の)火曜日までに届くなら(先週は無錫出張だったのでそれに間に合うなら)ってことで買ってみた。

Leave a Comment :   more...

凯派F6陆虎

by bichir on 10.16, 2012

Carpad Note5 F6HDC A9100で味を占めた中華なDualSIM携帯熱はその後も冷めず...。HDC A9100→AGM Rock V5と買ってきた。その後にGALAXY Noteなんぞも買ったけども、Noteの方はそのサイズが絶妙。窓際のソファでくつろぎながらブラウジングしたり、漫画読んだり、小説読んだり。
中華携帯は動作がMT6573とかでゲームしなくてもそれ以前で非力感がやっぱりあったりした。
結局、日頃からDualSIMな中華携帯一台とGALAXY Noteを持ち歩くようになってしまい、バッグレスノマド(なんだそりゃ)を目指す自分にとっては不満感ありまくり。
で、なんかいい(おもろげな)デバイスないかなーと物色していてめっけたのがこの「凯派F6陆虎(Carpad Note5 F6)」だった。MT6577なDual Coreで、DualSIMで、GALAXY Noteくらいのサイズ。淘宝で1,200元前後と安いので、まぁ失敗してもいいかと。
解像度が800x480と微妙だけど、解像度の高いLCDは価格が高く、デバイス自体の価格に影響するらしいのでいたしかたないところ。

Leave a Comment :   more...

Samsung GALAXY Note (SHV-E160L)

by bichir on 5.04, 2012 , under  携帯(Android)

こないだなんとなく中関村までぶらぶらしてきた。
自宅で使ってたデスクトップPCがぶっ壊れたので、新しくPCを買おうか、それともハイスペックラップトップにしておこうか物色するため。
簡単に見て回ったけど、特に「これは!」っと思うようなマシンもなく(出張用に買ったSamsungのネットブックタイプのPCで十分なのでよほどのモチベーションがないと触手がピクともしない)、地下の携帯売り場へ。
前々から気にはなってたけど、最近安い中国国産Android携帯にはまってたため買ってなかったGALAXY Noteを見て回る。
大体が3,000元前後でどれも似たカンジ。
で目に止まったの一台にLTEの文字。
あれ?国際版ってLTE対応してたっけ?
と思いつつよくみるとCPUも1.5GHzとか(他のはどれも1.4GHz)。
話を聞くと韓国版の端末で、香港からではなく、韓国から持ってきた(よーするに密輸なんだけど)ものだそうな。
値段を聞くと3,300元で他のとそう変わらない。
んじゃ、「これまけてよ、プロテクターもサービスしてよ、買うよ。」ってことで、3,270元+スクリーンプロテクターサービスで購入。

Leave a Comment :   more...

AGM Rock V5: Application installation storage got extended

by bichir on 4.24, 2012 , under  携帯(Android)

AGM Rock V5 has too short storage. It has only about 140MB available initially.
I've gave up to install some useful applications and games and used an application 'App2SD' to move some applications onto SD card. But it's not that any application can be moved onto SD card. To move application to SD card, application needs to support it.
Finally, I got about 30MB storage space available after the installation of all applications necessary.
But I still need to clear cache data sometimes because the system alerts a message when the available space is less than 17MB. Some applications put thier cache on the storage.

I was thinking that I can install more applications if I prepare some system directories like /data/app on SD and make a symbolic to /data.
And I found such information on a blog and then tried it.

Leave a Comment :   more...

AGM Rock V5のアプリインストール領域を拡張

by bichir on 4.23, 2012 , under  携帯(Android)

メインで使ってるAGM Rock V5だけども、(買う前から分かってたことだけども)とにかく不満は内部ストレージのサイズが少ないこと。

買った当初に入っている、使わなさ気なアプリとか削除しまくって(そんなにないけど)も大体空きが140MBくらい。
で、ゲームとかもインストールせず、必要最低限のアプリに抑え、かつ、App2SDにてSD退避可能なアプリをSDカードに移しても空きが30MB位。
アプリとか使ってるとキャッシュデータが本体ストレージに置かれるため、たまにキャッシュクリアしておかないと、空きが17MBくらいになってきた時に「なんか消せー」ってアラートがあがるようになり、ウザい。

実際にアプリをいれる場所とか、せめて/data/appをSDにしてシンボリックリンク貼ったりしたらダメかなー。とか、思ってたんだけどできるらしいってことでやってみた。
(参考にしたのは、仙谷浩明さんのブログ。)

Leave a Comment :   more...

Flucard Pro 16GB版購入

by bichir on 4.15, 2012 , under  ガジェット

こないだ、/.jでtelnetであそべるSDカードがあるということを知り、面白そうだと言うことでそっこー購入してみた。 ようするにEye-Fiと同様、WiFi内蔵のSDカードで撮った写真をネットワーク経由でPCやクラウド型サービスにアップロードするという製品。 中身はARM版Linuxだそうで、ゴニョるとtelnetでログインできたり、いろんなOSSツール、自作プログラムなんかも動作させることができるらしい。自分はまだゴニョってなくて、Flucard本来の使い方での環境を作ったりしてるところ。(ということでそのヘンのゴニョり方については先人の方々のサイトをググって参考にしてくださいませ。)
Flucard本来の使用目的である、撮影した画像の転送ということについて着眼してみる。Eye-Fiと違うのはその転送トリガをある程度制御可能であるということ。
Eye-Fiはカメラが接続できるWiFi環境下に入るとそれを自動検出・接続してクラウドサービスあるいは専用ソフトを入れているPCに転送する。Flucardの場合は内部でHTTPサーバが動作しており、基本的な使い方としてはPCやモバイルデバイスからブラウザでアクセスする。という使い方になる。
つまり、Eye-Fiの方はWiFiクライアントとしてAPに接続に行き、Flucardの方はWiFi APとして動作してPCやモバイル端末がそのAPに繋ぎにいくことになる。当然、PCやモバイル端末はその間はインターネット接続できない。

Leave a Comment :   more...

Creative Commons License
This blog is licensed under a Creative Commons License.
Powered by Movable Type 5.12